「平成28年度 農薬危害防止運動」の実施について

○趣旨

農薬の安全かつ適正な使用及び保管管理の徹底は、農業生産の安定及び農産物の安全確保のみならず、道民の健康の保護及び生活環境の保全の観点からも極めて重要です。

しかしながら、全国的には農薬の使用に伴う使用者、周辺住民、家畜、周辺環境等に対する被害や、農薬の不適正な使用により農作物から食品衛生法に基づく残留基準を超えて農薬成分が検出されるなどの事案が発生しています。

このため、農薬取締法、毒物及び劇物取締法、その他関係法令に定められた遵守事項の周知徹底を図るとともに、農薬の取り扱いに関する正しい知識を広く普及させることにより、農薬の適正販売、安全かつ適切な使用及び保管管理並びに使用現場における周辺への配慮を徹底し、もって、農薬の不適切な取扱いやそれに伴う事故等を未然に防止することを目的として、「農薬危害防止運動」を実施します。

北海道では、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進する「農薬危害防止運動」を6月から8月にかけて実施します。

 

○実施期間

平成28615日から831日。

 

○実施事項

主な実施事項は以下のとおりです。

農薬及びその取扱いに関する正しい知識の普及啓発

農薬による事故を防止するための指導等

農薬の適正使用等についての指導等

農薬の適正販売についての指導等

有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携

 

○参考資料

  平成28年度北海道農薬危害防止運動実施要領(PDF

  平成28年度農薬危害防止運動啓発ポスター(PDF

 

○問い合わせ先

北海道農政部技術普及課

農業環境・バイオマスグループ

電話:011-231-4111(内線27-838